Lorenzoの【西方見聞録】

骨董屋のオヤジのプライベートブログ。バリ島/台湾/ミャンマー/タイ旅行・グルメ・信州・茶道 etc.
Lorenzoの【西方見聞録】 TOP  >  まとめ  >  遠州旅日記 >  雲見温泉・赤井浜露天風呂へ行っただじ。#hotspring #mixedbathing #izu

雲見温泉・赤井浜露天風呂へ行っただじ。#hotspring #mixedbathing #izu

6月16日



06162018kumomi01.jpg
ゲストハウス・イトカワにチェックインするや否や、カルロ君で10分ほど走って、雲見温泉・赤井浜露天風呂(無料)へ行っただじ。
露天風呂入口の斜め前にある赤井浜荘(閉館)の駐車場に、カルロ君を停めただじ。



06162018kumomi02.jpg

06162018kumomi03.jpg
駐車場の右端に網元旅館いなばやの倉庫があり、建物の角にある注意書き通りに手続きをしただじ。
駐車代が1台1,000円ということは、おらほ達はひとり当たり500円で露天風呂が利用できるってことだがね。
同時刻に来たバイクのカップルは、別々のバイクで来てただで、合計2,000円になるずら。
タンデムで来ればよかったのに・・・



06162018kumomi04.jpg
赤井浜荘の駐車場の斜め前に、露天風呂の入口があるだじ。



06162018kumomi05.jpg
利用期間があるだじ。
これ以外は、たぶん湯温が低いから利用出来ねえってことずら・・・



06162018kumomi06.jpg
ガクアジサイが満開の中を、下りて行っただじ。



06162018kumomi07.jpg
坂道を下り切ると、ポンプ小屋のまえでに着いただじ。
さらに、二つの橋を渡っただんね。



06162018kumomi08.jpg
更衣室に着いただじ。



06162018kumomi09.jpg
更衣室と言ってもガラ〜ンとした棚付きの振分けの部屋があり、次の部屋で繋がってるだじ。
特にカーテンなどは一切無くて丸見えだでせ、水着に着替えるときに身体を隠すバスタオルを持参したほうがいいじ〜。
更衣室で水着に着替えて縦長の出入口をくぐって湯船に着くと、素っ裸のおっさんが、ちんちんを隠しながら浸かってただがね。



06162018kumomi10.jpg
両脇を小高い丘で囲まれた湯船の前は、穏やかな海が広がってただじ。



06162018kumomi12b.jpg
湯船の中は所々に藻が付いてて、ちっとばかヌルッとしたせ!
管理は、漁師のおっさんが奉仕でやってるそうだで、このくらいは勘弁してあげましょ!
湯温が38℃くらいと温めで、いっくらでも浸かっていれそう・・・



06162018kumomi11.jpg
今日は生憎の曇天で夕日が観れなかっただで、1時間半ほどで湯船を上がっただじ。
バイク・カップルも夕日が観れないと判断し、続いて上がって来ただんね。
素っ裸で出るに出れなかったおっさんは、茹で蛸みたいに真っ赤になってたせ!
次回は水着で入りましょ!

またいつか、夕日を観に来るずら・・・



雲見温泉・赤井浜露天風呂
場所:https://goo.gl/maps/TowvBixBWou
営業時間:6月中旬〜9月中旬 日の出〜日没(駐車場は午後5時まで)
料金:無料 ※別途駐車場代1,000円
条件:水着着用








中信地方の方言は、こ・ち・ら!

参加中のブログランキング→応援してネ。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

シークレットセール2018
関連記事
スポンサーサイト



[ 2018/10/13 05:00 ] まとめ 遠州旅日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Lorenzo

Author:Lorenzo
【時代屋ドットコム】の店主

バリ島の天気
画像をクリックすると、詳細ページが表示されるだじ。
カテゴリー